top of page
  • 執筆者の写真hobie-marinebox100

地元小学校課外授業

ようやく海水浴場シーズンも終わり、これから秋に向かって釣りシーズンが本格化していきます。

8月の釣果も含めまた改めて書こうと思います。


今日は9月から定休日になった火曜日にプチ学校の先生になったお話を。


今年から地域の海に密接する地域の小学校との繋がりがアオリイカの産卵床を通じて深くなりました。

そこで、今回は課外授業の一環ということで逗子で働く人というテーマでマリンボックス100の仕事のこと、やりがい、などを話をして来ました。


子供達からすると、産卵床では会っていて覚えてくれていました。そしてマリンボックス100の存在も知っていてくれて、それがようやく繋がったという感じでしょうか😅

単なるアオリイカ好きおじさんですまずよかったです💦



少しでも地域に愛着をもったり、海を身近に感じてもらったり、そこで何かがしたいと思ってもらったりするきっかけになっていればいいなと思い話をしました。

カンペは作ったのですが、いざ始まってみるとなかなか抜けも多くというところでしたが、それでも子供達は真剣に話を聞いてくれ、メモもしっかり取ってくれました。


そして最後には個別にありがとうございましたと声をかけてくれる子も多く、もっと今まで感じなかったことを伝えることはできないかなーなんて考えさせられました☺️




次回この小学生に会うのは11月!

アオリイカ産卵床の締めの授業を外に飛び出してやります!


ゲストも呼びながらもっと海に興味を持ってもらったり、アオリイカにも興味を持ってもらえればと思い企画しています❤️


地域貢献活動というとなんか偉そうな感じなので、これからも自分も含めて地域成長ができる場が作れればいいのかもしれませんねー。

自分はもう少し話す内容をもっと伝えられるようにしなければ💦


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page